宿泊予約RESERVE

【山形屋旅館】もう一つの実家から~3月便

2018年3月1日 山形屋メールマガジン

東日本大震災から、もう7年の歳月が流れようとしております。あの時は、岩風呂の源泉湧出が止まり、温泉宿を営む者として、目の前が真っ暗になりました。

しかし、同年4月の大余震で奇跡的に自噴が戻り、以前よりも1℃弱ではありますが湯温が上がり、今まで通り加温を一切する事なく、営業をすることができております。

若女将も嫁いで初めて自噴泉を見たときは、なんでここから?この温度で?と不思議がっておりました。

震災後は客足も減り苦しい時もございましたが、今があるのは、お客様方ひとりひとりが山形屋旅館を支えて下さったからだと、心より感謝いたしております。

さて、まだまだ寒い日もありますがいかがお過ごしでしょうか?

三寒四温とはよく言ったもので、暖かい日があったと思ったら寒風吹き荒む日もあり、特に標高500mの湯岐は寒暖差が激しく、零下の朝が身に凍みます。

そんな季節は岩風呂にゆっくり浸かり、のんびり湯治が最高ですね!

もうすぐ春、フキノトウ・福寿草も顔を出し、山々の木々も春に向けて準備が出来てきました。

好評頂いている【冬季限定】も今月末まで。

寄せ鍋、牡丹鍋、裏メニューの鹿鍋から選べます

この機会にいかがでしょうか?

【冬季限定】2名様以上 冬のはなわ膳

https://yujimata-yamagataya.rwiths.net/r-withs/planListDetail.do?hotelNo=136953&campID=3617160

【冬季限定】お一人様からの小鍋付き膳

https://yujimata-yamagataya.rwiths.net/r-withs/planListDetail.do?hotelNo=136953&campID=4096915



東北じゃらんコラム「東北の小さな温泉へ」で湯岐温泉が紹介されました。

るるぶテルマエ・ロマエ「シリウスおすすめ憧れの日本の風呂ベスト100」に当館の岩風呂が選ばれました。

「温泉批評 2017春夏号」で当館の岩風呂が、編集長が選ぶ単純温泉第1位として紹介されています。